スノボーから学んだチャレンジ精神

こんにちは、たいちです!

 

昨日、新潟で人生初のスノボーをしてきました。

いや~、楽しかったですね。笑

 

 

スキーは何度もやったことあったんですが、

ついにスノボーデビューを。

 

最初は難しすぎて

崖の手前で転んで死にかけたりしましたが

最後には結構モノにしたと思いますよ。

 

自分で言うのもなんですが。

 

 

そんな感想を言いたくて記事を書いたんじゃないや。

 

20年も生きてると

あまり新しいことに挑戦したりすることがないんで

今回はかなり色々学べるところがありました。

 

僕がスノボーを通して学んだこと・感じたことを

マインドセットチックにお話しできたらと思います。

 

それではスタート。

 

 

[su_heading size=”30″]できないことは 最初めちゃくちゃチャレンジ[/su_heading]

 

 

 

その日帰りスノボー旅行へは

経験してる人も未経験の人も含め

全部で8人で行きました。

 

 

集合は上野駅で

そこから新幹線でガーラ湯沢まで!

 

久々に新幹線乗ったから

わくわくしたな~。笑

 

やばいやばい脱線する。。

 

冒頭にも言ったように

僕はスノボーの経験はなかったので

完全に初心者の状態で始まりました。

 

 

ボードをシューズに着けるやり方もわからないし

リフトへの上手い乗り方もわかりませんでした。

 

 

初めにリフト降りたときは

ズッコケて危うくリフトを止めるところでした。

 

何とか無理やり回避しましたけど。笑

 

ただ、振り返ってみると

ものの10分で滑れるようにもリフトに乗ることも

出来るようになっていました。

 

 

それはなぜか?

 

 

もちろん運動神経もあるかもしれません。

でも、高校から一切運動してない人間ですよ。

 

腹筋も、もう割れてないし

がりがりだし。

 

だから一番の要因ってそこじゃなくて

きっと僕がすぐに習得できたのは

 

できる友達の言う通りに実行し、

何度転んでもすぐ立ち上がり

挑戦し続けたからです。

 

 

すんげ~、当たり前の話ですが

やったのはこれだけです。

 

まあでも、

初めて何かに取り組むときって

みんな素直ですよね。

 

 

「失敗して当たり前だからとにかくやろう」

 

こういった精神が働いているから、

恥とか全くないわけですよ。

 

だから、何度失敗しても取り組める。

 

 

しかし、人間っていうのは

少しできるようになるだけで

素直じゃなくなります。

 

めちゃくちゃ傲慢。

 

[su_heading size=”30″]目指している目標は本当にそこ?? [/su_heading]

 

 

先ほども言ったように、

人間は少しできただけで

すぐに素直では無くなります。

 

 

勉強でも

スポーツでも

ビジネスでもそう。

 

現代では、ネットで検索をかければ、

たくさんの知識を身に着けることができます。

 

 

初めてビジネスについて学ぶときは、

とにかく隅々まで学ぼうとします。

 

 

わからないことがあれば、

すぐに調べてとにかく知識を広げます。

 

僕も最初そうだった。

ネットビジネスの世界を知ったのは

26歳で年収2億円以上稼ぐイケメン起業家の動画だったので

とにかくその人の動画を漁って見まくりました。

 

 

そこから派生して

メルマガに登録して

毎日流れてくるメールを音読したり

 

また関連する人のブログを読み漁って

またメルマガを登録して。

 

なので最初はめちゃくちゃいいスタートを切って

物凄いスピードで知識は付いていったと思います。

 

 

ただ、一定のラインまで知識を広げ、

一般人よりも知識が増えたところに来ると、

 

 

「あれ?俺って結構できる感じ?

ビジネス知ってる感じかも?」

 

 

と勘違いし始めます。

 

 

 

そして、そこから天狗になり、

学ぼうとせず、知っただけで満足し、

実行に移そうとしません。

 

 

 

こうやって言葉で見ると客観的になれそうですが、

実際では自分が該当しているということはかなり多いです。

 

 

 

これが受験だったり、

知識ベースの世界で戦うならまだマシです。

 

 

しかし、ビジネスの世界は、

完全歩合制で成り立っているため

そうはいきません。

 

 

知識を身につけ、

それを正しく使える領域にまで行かなければ、

一生成果は得られません。

 

 

正直、知識を持っていても

それを活用していなければ

ビジネスやっていないも同然なんですよ。

 

きつい言い方しますが。

 

それだけ知識を正しく使って

正しい努力をすることが大切なので

それが出来ていないと感じている場合は

 

なぜ自分がビジネスに挑戦しようと思ったのか?

 

 

改めて考え直してください。

 

 

そして

どこまで上り詰めたいのか?

 

その点も抑えてください。

 

 

 

キツイ言い方をしますが、

ここが見いだせない場合は、

ビジネスは諦めてください。

 

はっきり言って向いてないです。

 

 

もちろん、そういった人間を

這い上がらせることも可能ですが、

その場合は一回本気で誰かに教えを請いてください。

 

 

中途半端な自己投資をしていても、

無駄金に終わるだけです。

 

僕が実際にそんな体験をしたので

あなたにもそうなってほしくはないんです。

 

 

僕の場合はたまたま

ビジネスを諦めた状態から

昔、お世話になったYさんという方から

間違い電話という形で再開し、ビジネスを再スタートしました。

 

マジで偶然なんです。

 

あなたが遠回りをしないためにも

僕がここで言っていることを

徹底的に守ってください。

 

 

あなたがビジネスをやる目的を

はっきりと見いだせるのであれば、

今一度その目的を達成させるためだけに生活をささげてください。

 

 

今の立ち位置にくすぶっている場合じゃないです。

もっと上に行く素質はあります。

 

 

得た知識を最大限実行に移し、

一つ一つ壁を越えましょう。

 

 

 

そうすれば、お金だけでなく、

信頼、仕事、人脈にまでレバレッジがかかりますから。

 

 

そして、当初の話に戻しますが、

本当にトップの存在になるまでは

素直に学びましょう。

 

 

 

失敗するのは当たり前の精神で、

繰り返し挑戦しましょう。

 

 

ましてや知識だけで一銭も稼げていないのに、

素直に学べないのは愚か者のすることです。

 

 

 

目標が10万円でも100万円でも1000万円でも、

あなたが達成するまで素直に挑戦し続ける。

 

 

これが大切です。

 

[su_heading size=”30″]最後に [/su_heading]

 

いかがでしたか?

 

 

筋肉痛が痛すぎて途中なに書いているのか

わからなくなりそうでしたが、

少しでも成功するために繋がったなら幸いです。

 

 

この記事を読んで

すぐに何か実行に移せたあなたは、

コメントで報告をください。

 

 

 

きっと他の人たちの刺激にもなるはずです。

 

 

最後にペイパル決済の生みの親であり、

現在スペースX社のCEO、イーロン・マスクの名言を

ご紹介して終わりにしたいと思います。

 

 

「週に80~100時間は働くべきだ。

地獄のよう?でも、それこそが成功の確率を引き上げるんだ。

40時間しか働かない人と100時間働くあなたが、同じタスクをこなしたとする。

わかるだろう?

他人が1年かかるところを、4か月で達成することができるわけだ。」

ー イーロン・マスク