【新年度】浪人生誕生したね。

こんにちは、たいちです。

 

1日過ぎてしまいましたが、

新年度がスタートしましたね。

 

そして、新元号も発表されました。

 

 

『令和』

 

 

日本の奥ゆかしさを感じる

二文字で僕は好きですね。

 

 

って、こんな話をするために

記事を書いてるわけじゃない。

 

 

 

今回は、元浪人生が新浪人生に向けて

記事を書いていきます。

 

 

僕自身、浪人失敗して

死ぬ思いをしたので、

反面教師となっていろいろアドバイスしていこうかと

思います。

 

 

それではスタート。

[su_heading size=”30″]時間って無限にある錯覚起こすよな。笑[/su_heading]

浪人生あるあるその1.

 

始まった当初は、

時間が無限にあると錯覚を起こす。

 

 

 

一生、休みなんじゃないか?

って思うくらい、

時間があることに気づく。

 

 

僕の場合、

自宅浪人だったため

一日中家にいることも

日常茶飯事だった。

 

 

 

でもさ、時間って当たり前だけど

有限で、気づいたら受験なんて

あっという間に来ちゃう。

 

 

で、何事もそうなんだけど、

何か大きなことを成し遂げるには、

誰でもできることを誰よりもやること

が必要なんだよね。

 

 

 

野球のイチロー選手だって

そうだったと思う。

 

 

バットを振ることなんて、

五体満足で生まれてきたのであれば、

誰だってできる。

 

 

野球が上手い下手関係なしにね。

 

 

でも、それを誰よりも量をこなし、

継続的に取り組んだからこそ

大きな結果を出したわけです。

 

 

 

日々の小さな積み重ね、

 

例えば、

毎日の英単語だったり、漢字だったり、

歴史単語などの暗記科目はサボらずに

そして誰よりも取り組んでみてください。

 

 

 

[su_heading size=”30″]プライドは捨ててくれ・・・[/su_heading]

浪人生あるあるその2.

 

 

プライドが高い人間ほど、

浪人する。

 

 

 

 

これは偏見かもしれませんね。笑

 

 

 

僕自身がそうだったですし、

僕の浪人友達もそうだったので

そうかなと思ったんですが・・・

 

 

 

 

浪人生ってプライド高いやつ多くないか?

 

 

おそらく、

「自分なら絶対あと1年あれば第一志望合格する!!」

と決意して浪人すると思うんですけど、

 

 

 

ここで多くの浪人生が、

自分に過信しているんですよね。

 

 

「いや、さすがに1年あったら合格すんだろww」

みたいに。

 

 

ただ、自惚れて合格できるほど

甘い世界ではありません。

 

 

素直に、自分の成績には謙虚に

勉強し続けてください。

 

 

[su_heading size=”30″]周りの成績が気になる[/su_heading]

 

浪人生あるある3.

 

 

友達の成績がめちゃ気になる

 

 

僕は自宅浪人だったので、

友達から正確な成績を聞くことは

できませんでしたが、

 

 

やはり友達から

「俺、この前の偏差値で10上がったぜ!!」

と言われると不安になる。

 

 

ただ、不安になっていいんですよ。

 

 

 

不安と期待って表裏一体で、

勉強に対してしっかりと向き合えているからこそ、

不安になるわけです。

 

 

 

だって、1年後に東京五輪がありますが、

「やべ~、世界と戦うかもしれないんだよな。。」

なんて不安にならないですよね?

 

 

 

それって、自分が選手になる期待・自覚が

ないからです。

 

 

だから、友達の成績を聞いて不安になったのであれば

しっかりと受験に集中できているということなので

前向きにとらえてください。

 

 

 

 

そして、その不安を解消するために

日々に勉強を怠らないようにしてください。

 

 

また、その友達と自分とじゃ

受験先は全く違うことだってあります。

 

 

学校によって問題形式は変わるので、

そういった対策によっても

成績は変わってきます。

 

 

 

 

だから、気にしなくていいんです。

 

 

 

自分が第一志望に合格できれば

それですべていいわけですから。

 

 

 

ぜひ気にせず、ポジティブに取り組んでみてください。

 

[su_heading size=”30″]最後に[/su_heading]

 

浪人は今までに感じたことのない

孤独を体験することがあります。

 

独りで戦っているように感じることも

あります。

 

 

しかし、受験は一人で戦うものでは

ありません。

 

 

僕は、ほとんど自宅浪人だったものの、

周りの友達・先輩に助けられながら

勉強でき、なんとか進学を決められました。

 

 

辛い時ほど、周りを見渡し、

そして今の自分の気持ちをシェアしてみてください。

 

 

 

そんなんじゃ、

友達はいなくならないですし、

逆に僕は仲良くなった友達もいます。

 

 

友達に話しづらかったら家族に。

家族にも話しづらかったら、僕のところに

来てください。

 

 

勉強法を教えることはできませんが、

共感できることはたくさんあると思うので、

話は聞けるかと思います。

 

 

これから1年間、長いようで短い時間が過ぎていきます。

 

 

そして、結果がどうであれ、

あなたの人生に大きな影響を与えることは

間違いありません。

 

 

投げ出さず、しっかりと1年間やりきる。

それを頭に入れて頑張ってみてください。

 

 

それでは。