勝てるバトルフィールドを。

こんにちは、たいちです!

 

 

今、僕は20歳で

インターネットを使ったビジネスをして

月20~30万円ほど安定して稼いでいるわけ

なんですけど、

 

 

インターネットを使ったビジネスって

結局、色んなビジネスに応用できるわけなので

その分、他のビジネスをやっている方たちとの

交流もたくさんあります。

 

 

そこで思うのが

やっぱり

勝てるジャンルをやるのが正攻法だよな~

ということ。

 

 

別に僕が何かほかの人より優れてる部分が

あるかって言ったらそんなものはありません。

 

 

強いて言えば

ますかけ線があるってだけです。

(ますかけ線でも鎖状なので運気半減らしいが)

 

 

でも、普通に勝てる。

勝てるから、大半の同い年の人間よりも

自由な生活は送ってる。

 

 

実業やってる起業家さんよりも

稼いでる。

 

 

もちろんネットワーカーみたいな

ビジネスマンたちよりも。

 

 

 

適切な努力をすれば

人生早めに楽な生活を送ることは

可能です。

 

確実に。

 

まあ、今回は

そこら辺をバババーっと

お話ししていきたいと思います。

 

 

それでは、スタート!

お金を稼ぐ=交換

 

今回は、主にビジネスをメインに

お話ししていこうと思うんですけど

そもそもお金を稼ぐというのは

価値の交換です。

 

 

 

お金っていうのは

ぶっちゃけ紙切れだったり、コインでしかない

わけですよ。

 

 

1万円なんて1枚作るのに

30円しかかからないんですよ?

 

 

本来、30円の価値しか

あの紙切れにはないわけです。

 

 

お金自体を重宝する方って結構多いですけど

本来、価値を得るためのツールなので

そこら辺を頭に入れておいてほしいなと。

 

 

で、お金をもらうというのは

何かしらの価値を交換することなんですが

この交換を上手ーくできる人間が

お金持ちなわけです。

 

 

何かとビジネスをするっていうと

難しく考える人が多すぎる。

 

 

でも、

交換が上手くできればなんでもよくて

例えば、僕は幼稚園時代にポケモンに

すげーハマってました。

 

 

なので、

めちゃくちゃいろんなポケモンを持っていましたし

実力もありました。

 

 

だから、伝説のポケモンの捕まえ方とか熟知してたので、

その方法を友達に教えたり、

それこそ僕が持っていた最強のポケモンを友達にあげたり。

 

 

そうやって友達にとって

価値となるものを提供したら

その対価として、お菓子をもらったり

逆に僕のできないことを教えてもらったり。

 

 

これが大人になってくれば

お菓子じゃなくお金に換わるだけ

なんですよね。

 

出来ることを見つけろ

今の話からわかるように

価値を与えるというのは

 

 

自分が出来て

相手には出来ないことを

与えてあげることでいいんです。

 

 

別に

飛びぬけたものがないから

価値を与えることが出来ないかって言ったら

それはNOです。

 

 

価値があるかどうかというのは

受け取った相手、

つまりお客さん本人が決めることなんで。

 

 

だから、

お金を稼ぐというのは

本当に簡単です。

 

 

だって、初めは

自分が出来る範囲のことをやるだけなんで。

 

 

例えば、

一番わかりやすい例としては

不用品転売とか。

 

 

僕は初めの方は

バイトをするのはもちろんのこと

部屋の中にあるいらない本とか服を

売りまくりました。

 

 

めちゃくちゃ部屋の中スッキリして

嬉しかった記憶がある。

 

 

で、

結果、1,2万くらい入って

それを自己投資として教材代に

充てるっていう。

 

 

そうやって、自分のできることをやって

とりあえずお金を集めて

そのお金を投資に充てて

自分のできる範囲を広げていくっていう。

 

 

 

これをひたすら繰り返していけば

ビジネスで数十万円とか数百万円稼ぐっていうのは

絶対可能なんですよ。

 

 

お金を稼ぐっていうのは

そういうことです。

 

 

 

まずは自分のできる範囲のところで

価値を交換していって、お金を稼いで

そこで稼いだ元手を自己投資に充てて

範囲を広げていく。

 

 

これを徹底して下さい。

 

 

上に行けばいくほど勝てる場所を見つけろ

そうやって

自己投資をしていって

出来る範囲を広げていくプロセスを

ひたすら踏んでいくわけですが、

 

 

ただ、どの分野もそうですが

上に行けば行くほど

自分がどれだけ無力なのかを

痛感します。

 

 

 

学校の部活の中では

ぶっちぎりの1位でも

県大会とか全国大会に行けば

予選突破すらできない。

 

 

 

そんなことはザラなわけです。

 

 

僕も小・中サッカーをやってましたが

一応、埼玉の地区選抜に入って

そこから韓国遠征に行ってソウル代表と

試合とかしました。

 

 

そこで「俺、結構行けんじゃね?」

とか調子乗ってたら

県4位のクラブチームに

ボコボコにされた記憶があります。

 

 

マジでそのクラブと試合したときは

「このチームに勝てるとか宇宙人だろ」

とか思うくらい実力差があったわけです。

 

 

それでも

部長にもなったし

二つ上の学年でエースナンバー付けて

試合もしてたわけです。

 

 

その結果というのは

事実ですし、その結果から

僕は自信をつけました。

 

 

ここから伝えたいことは

 

上を見上げても、

絶望するだけだから

自分の勝てるフィールドで

戦う頭を使え。

 

ということ。

 

 

世界を見渡しても

上を見上げても

勝てないやつは勝てません。

 

 

僕が

孫正義と戦って勝てるかって言ったら

不可能です。

 

 

もしかしたら

いつかは勝てるかもしれませんが、

今の段階で同じフィールドで戦っても

成果とか実績って生まれないんですよ。

 

 

成果が生まれなければ

やる気もそがれますし

そもそも生活が出来なくなるわけです。

 

 

お金が生まれないので。

 

 

なので、

スキルをつけたとしても

それを適切に使って

どこで勝つか?を考えましょう。

 

 

なんで何も持ってない大学生が

インターネットを使って月20~30万円とか

稼いでいるのかっていうと

勝てるフィールドを選んでるからなんですよ。

 

 

・勉強もできない

(浪人して10校落とした、Fランも落ちた)

・しゃべりが絶望的

(滑舌悪いし、目を見て話せない)

・でもちょっとイケメン

(これは違うか)

 

 

まあ、元々

持っていたものなんて乏しいんですよ。

 

 

さっき言ったサッカーだって

それをビジネスに活かせてるかって言ったら

そんなことはありません。

 

 

リフティングしたらお金が稼げてるかって言ったら

そんなことないわけなんで。

 

 

つまり僕は

持ってる武器を最大限活用して

その武器を持っていない人の代わりに

敵を倒してあげる。

 

 

というような価値提供しか

してないわけです。

 

 

僕の知ってる範囲の知識を

それを知らない人に教えて

感謝されてお金が生まれてるってわけです。

 

 

できることだけでいいなら、誰でもできるだろ?

 

まあ、話も終盤に入ろうかと思うので

まとめに入っていくんですが、

やっぱり伝えていきたいのが

誰でもお金は稼げるっていうこと。

 

 

それも

労働収入じゃなく権利収入

つまり不労所得的な。

 

 

僕はいま現在、お金が入る瞬間は

ほぼほぼ日常生活を送ってるときです。

 

 

この前も

動画撮影用のマイクを

ヨドバシカメラかどっかで探してるときに

2万円とか入ってきたわけです。

 

 

ちょうど大学の友達もいたので

「あ、今2万円入ったわ」と伝えると

ドン引きされました。笑

 

 

まあ、怪しいのはわかります。

 

 

でも、不労所得が入ってくる仕組みを

明確に説明できますか?

っていう。

 

 

もし説明できないのであれば

非常にもったいないなって思います。

 

 

だって、それって知らないだけなので

道狭めてね?って。

 

 

僕は実際、そういった仕組みに関しては

ブログとかYouTubeとかメルマガとか

全部無料のモノで学びました。

 

 

お金を払わずとも

不労所得の仕組みを知るだけなら

誰でも情報を得られる時代なわけです。

 

 

 

知らないだけで人生損することって

めちゃくちゃあるし

逆に言えば、知ってることが多い人間ほど

この世の中は勝ち組です。

 

 

アナタがこの記事を読み終わった後

どんな行動をするのかは

僕にはわかりませんが、

 

 

 

これだけ言えるのが

 

自分のできることで

勝負するだけなら

誰でもできるだろ

 

っていう話。

 

 

この記事を通して

アナタの未来がちょこっとでも変われば

幸いです。

 

 

それでは。